それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第88話「初めてのテレビロケ現場」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第88話「初めてのテレビロケ現場」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



まだ薄暗い朝だった。

僕は始発電車を乗り継ぎ赤坂に向かっている。

テレビドラマ『オサラバ坂に陽が昇る』のロケ初日である。

この日は若葉寮生全員でオープニングのタイトルバックを撮影するのだ。

僕が実際にドラマに出るのはまだ数週間先の第4話からである。

しかし「タイトルバック」そう、ドラマのオープニングの場面には出演するようだ。

赤坂に着いてTBSの玄関前に行くとマイクロバスが留まっていた。

これが「ロケバス」である。

事前に電話で説明を受けていたので、すぐにそれだと解った。

時間を確認して様子をみる。

誰かが乗り込んだので、僕もバスに向かった。

「お早うございます!」

と言ってバスに乗り込む。

バスには若葉寮生とスタッフが乗っていた。

「おはようございます!」

と口々に挨拶をして空いてる後部座席に座った。

暫くするとメンバー数人が乗り込み、メイクさんとスタッフを2人乗せてロケバスは発車した。

行き先は相模湖ピクニックランドである。

首都高速を通り中央高速に入るルートだ。

ロケバスの中ではほとんどの人が寝ている。

起きている人もいるが寝ている人に配慮して喋らないでいるうちにウトウトしてしまう。

高速の揺れが心地良い。

ロケバスに乗らない出演者は、直接現場へ車で行くか、在来線やバスを使って相模湖ピクニックランドまで行くかである。

何人かの出演者は直接相模湖駅に向かったようだ。

相模湖駅でその人達を回収する。

朝の中央高速の下りは順調に流れているとは言えその道中は長い。

「携帯電話」も「スマホ」も「iPhone」も無い時代である。

時間をもて余す事が多かった。

程なくしてインターチェンジで降りたロケバスは相模湖駅で待っている若葉寮生を回収して、相模湖ピクニックランドに入った。

中に入るとサイクリングロードを登り少し小高い丘の上に到着する。

するとその先の丘の上には白い板張りの壁と赤い屋根の若葉寮が建っていた。

オープンセットである。

到着した出演者達も感嘆の声を漏らした。

「すげぇー!」

「本当に住みたい!」

と口々に叫んだ。

外観は完璧に出来ており「小さな平屋建ての一軒家」と言う感じである。

玄関があり、中に入るとそこからは残念ながら未完成の、いや建築途中の物件のように、壁は剥き出しで内装は施されていない。

それは当たり前で屋内のシーンは全て緑山スタジオで収録するからだ。

中に入り窓から見える景色や、建物の近くからあたりを見回すと絶景とまではいかないが、木々に囲まれた町並みが遠くに見えて景色が良い。

改めてこれからドラマが始まるんだと実感した。

暫くすると出演者が続々と現地集合してきた。

主演の矢崎滋さんが到着した。

「フォルクスワーゲン」の「ビートル」に乗っている。

運転しているのはマネージャーだが矢崎さんのキャラクターと乗っている車が合っている気がした。

イルカさんは白い「メルセデスベンツ」に乗って登場した。

やはり歌手としての存在感の大きさを感じさせる。

柴田恭兵さんはベンツのオープンカーである。

「カッコいい!」

と僕だけではなく、そこにいた若葉寮生はみんなが思ったようで口々に言っていた。

出演者それぞれに個性が出ている。

そしてみんな芸能人なんだと改めて思った。

大きな声で全員が挨拶をする。

現場の空気が引き締まり、作品を作り出すと言う雰囲気に変わって行く。

出演者が全員揃うとスタッフの動きも慌ただしくなってきた。

出演者はみんな衣装に着替えドーランを塗ってメイクアップをする。

色白の人も地黒の人も同じドーランを塗る事で統一されていく。

若葉寮生の衣装は白いツナギに長靴と言うスタイルだった。

全員が真新しい白いツナギを着て長靴を履き準備が完了した。

僕も白いツナギを着て長靴を履きスタンバイが整った。

演出家はTBSのディレクターが交代しながら行うらしい。

出演者1人1人のもとへ行き指示を与えていた。

若葉寮生1人1人に行く場所やそこで何をするかを伝えて皆それぞれのポディションに散らばった。

僕は若葉寮の前で数人と畑を耕している演技をするように言われた。

しばらくするとイルカさんが玄関から出て来て何かを叫ぶ。

その声に気がついて振り向く。

先ずはそのシーンを離れた場所にあるカメラで撮影をするのだ。

テレビドラマの撮影はカメラリハーサルを1回ないし2回行い、その後にランスルーと言う本番通りに行うテストをしてから本番を行う。

いよいよ撮影が始まる。

アシスタント・ディレクターが台本を片手に「カメリハ行きまーす!」と大きな声で叫んだ。

そして「5秒前、4、3」と言ってカメラに移らない位置に逃げた。

僕は心の中で3秒を数えてから演技を始めた。

全てが初めての経験なのだが、知れば知るほど楽しくなって行く。

最初のカメリハでは動きがぎこちなかった。

「カット!」

と声がかかる。

演出のスタッフが走ってきてディレクターからの指示を伝えた。

僕は「振りかえる体勢がわざとらしい」と言う指摘をされた。

第89話「ロケと演技と役作り」へ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング

TBSテレビドラマ「オサラバ坂に陽が昇る」主題歌

    

TBSテレビドラマ「オサラバ坂に陽が昇る」挿入歌

     

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。