それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第12話「マッチと彼女とアルバイト」後編

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第12話「マッチと彼女とアルバイト・後編」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

髪型のせいか、買い物をしたお客さんに「マッチに似ているね! 」とよく言われた。

同じような髪型で同じような年頃なら、誰でも1度は言われた時代である。

真に受ける事はないが、悪い気はしなかった。

夏休みのアルバイトは快適に過ぎて行く。

仕事にも慣れて、瞬く間に時間が過ぎて行った。

お盆休みを過ぎた頃から、やけにこちらを見てはニコニコしている背が小さく、聖子ちゃんカットの、瞳の大きな女の子がいる事に気がついた。

目が合うと軽く会釈をして、ショッピングカートを片付けていた。

忙しくなると食品売り場のレジをしている、アルバイトの女子高生らしい。

赤いサンダルが印象的だった。

8月も終わろうとしていたある日の事である。

仕事を終えて、社員通用口を通りタイムカードを押して帰宅しようとした時だった。

その、赤いサンダルの彼女が立っていた。

「お疲れ様でした!」

と可愛い声で挨拶をしてきた。

「あっ、お疲れ様でした。」

不意をつかれて、一瞬声がうわずった。

「あのー、ちょっとお伺いしてもいいですか? 」

と少しモジモジしながら、けれども、はっきりした口調で話しかけてきた。

「はい、何ですか? 」

と答えた。

すると他の通行人の邪魔にならないように傍に寄ってきた。

近くに来ると頭一つ背が低い分上目遣いになる。

それがめちゃくちゃ可愛いくて、心臓がドキドキと高鳴った。

ふと人の気配に気付き、社員通用口のずっと先を見ると、4人の女の子がこちらの様子を伺っていた。

彼女の友達であろう。

その視線を追って彼女が後ろを振り返った。

「フワッ」といい匂いがした。

彼女は友達を追い払うような仕草をした。

それでも友達は頭を隠すだけでその場を離れない。

こちらを振り返り少し困ったような顔をした。

その表情に、ドキッとした。

「もう、同じ学校の悪友です。あのー、歳を聞いてもいいですか? 」

と、見つめながら聞いてきた。

「ええ、16歳です」

と答えた。

「えーっ、一緒ですねー! 」

と嬉しそうに微笑んだ。

「どうやって帰るんですか? 」

「大井町線で、二子玉川駅経由で梶ケ谷駅までだけど」

と答えた。

「同じ方向なので一緒に帰りませんか? 」

と聞いてきた。

勿論断る理由は無かった。

素足に赤いサンダルがとても彼女に似合っている。

僕の心臓はバクバクと高鳴っていた。

第11話「マッチと彼女とアルバイト」前編へ
第13話「二子玉川の恋人」へ

人気ブログランキングへ


ジャニーズランキング

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。