それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第132話「(最終話)さよならジャニーズ!」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第132話「(最終話)さよならジャニーズ!」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

日、一日夕暮れが早まり秋が深まって行く。

4年に渡る彼女との交際に終止符をうった。

そして3年に渡り活動してきたジャニーズ事務所に、いや、ジャニーさんに「戦力外通告」を受けた。

僕は途方にくれた。

これからどうすれば良いのか?

今までやって来た事はなんだったのか?

ジャニーズ事務所との関係をどうすれば良いのか?

ジャニーさんに何て言おうか?

「僕はタレントとしてやっていきたいんです!」

「マネージャーになるつもりはありません!」

そんな事を面と向かって、言う勇気は無かった。

「ユーはマネージャーに向いている!」

そんな事を言われたら、もう踊る気力も無くなってしまった。

肩を脱臼してまで踊っていた日々はなんだったのか?。

テレビドラマに出演した日々も・・

日本武道館で踊った日々も・・

宝塚劇場や郵便貯金会館で踊った日々も・・

すべては、夢物語の記憶の中の幻と化していくのか・・。

「もう、どうでもいいや!」

と言って横になった。

天井を見ていると彼女の笑顔が思い浮かんだ。

「あっくん! 頑張ってね!」

彼女の声が聞こえる。

「ごめん。もう、頑張れないよ。」

そしてジャニーズジュニアの仲間たちの笑顔。

テレビ朝日にある第2リハーサル室。

もう、二度と行く事は無い。

次々と顔が浮かぶ、先輩や仲間たちの顔・・

田原俊彦

近藤真彦

野村義男

シブがき隊

薬丸裕英

本木雅弘

布川敏和

少年隊

錦織一清

東山紀之

植草克秀

イーグルス

中村繁之

宇治正高

大沢樹生

内海光司

そして、ジュニアの仲間たち・・

三好圭一

柳沢超

正木慎也

遠藤直人

河村直人

平本淳也

牧村稔

内海裕一

中本雅俊

鈴木則行

前田直樹

田中寛規

江端郁己

江端郁世

守屋二郎

桜井公明

新井紀一

加藤武史

石丸志門

東昌孝

田中浩

石井哲也

板越英真

百武治明

塩入訓

早藤重乙

阿部順一

ボビーさん・・

そして・・

ジャニーさん。

結局僕は駄目な人間だったんだ。

彼女にフラれ、ジャニーズでもチャンスを何度も掴みかけながらモノに出来なかった。

どうしょうもない、ドジでバカで駄目な奴なんだ。

消えてしまいたい。

このままいなくなったら、彼女は葬式に来てくれるだろうか?

ジュニアの仲間たちは駆けつけてくれるだろうか?

そんなバカな事を本当に思った。

静かな部屋にいるのが嫌になった。

音楽を聞きたい。

起き上がりステレオにカセットテープを入れて再生ボタンを押す。

「ガッシャン!」

と言う音と共に再生ボタンが元の高さより上に戻った。

再生ボタンが壊れたのだ。

何度押してもピクリとも動かなくなってしまった。

「ふぅー」

とため息を吐いた後、笑いが込み上げてきた。

「あはは・・音楽すら聞けやしない。」

神様は僕から彼女を奪い、ジャニーズでデビューすると言う夢を奪い、更に、音楽すら奪うつもりなのか?

笑い終わりステレオを見る。

レコードプレーヤーとカセットデッキが一体になったステレオで中学の入学祝に買って貰った物だった。

まだ、6~7年しか使ってないが、もう寿命だろうか?

新しいステレオが欲しくなった。

「音楽が聞きたい!」

絶望の真ん中にいる筈なのに自分に欲求が有ることに驚いた。

そして欲望があるのが救いだ。

働こう。

とにかく働こう。

そして自分のお金で新しいステレオを買おう。

いつまでも落ち込んだって何も変わらないのだ。

変えられるのは、「今」と「これからの自分」だけだ。

そう。

その為にも「ケジメ」をつけなくてはならない。

僕は決心した。

小さな一歩を踏み出そうと思った。

階段を降りて黒電話の受話器を取る。

そして「ある電話番号」を回した。

すぐに人が出る。

「はい! ジャニーズ事務所です!」

と女性の声が聞こえた。

「もしもし! ジャニーズジュニアの武口と申しますが!」

「はい、ジュニアの武口君ですね!」

「はい。申し訳有りませんが、本日を持って一身上の都合により、ジャニーズを辞めたいのですが!」

「えっ!? ちょっと待ってね!」

と言うと近くの人に話しかける声がした。

「ジュニアの武口君から電話で今日で辞めたいって言ってるんですけど・」

そう言っている事が全部聞こえた。

すると少し落ち着いた声の女性に変わった。

「もしもし、お電話変わりました!」

飯島さんか?

もしかしたらメリーさんかも知れない。

声だけではわからない。

しかし、もうそんな事はどうでも良かった。

「ジュニアの武口と申しますが、一身上の都合で本日を持ってジャニーズを辞めさせて頂きたいのですが!」

「ジャニーさんは知っているの?」

「いいえ! お手数をお掛け致しますが、伝えて頂けると有難いのですが!」

「そう・・解りました。ジャニーさんに伝えておきます!」

「長い間お世話になり有難うございました!」

と言った。

「お疲れ様でした。」

と受話器の向こうから聞こえた。

僕はゆっくりと受話器を置いた。

「ふーっ」

とため息を吐いた。

最後に言われた「お疲れ様でした」と言う言葉で、僕がジャニーズでやって来た事の全てが終わったのだと思った。

そう、全てが終わったのだ!

契約書を交わした訳でも無い。

あの日、あの時、ジャニーさんに言われた一言。

「ユーはジャニーズジュニアになりなさい!」

そう言われた一言で、3年間在籍しただけだ。

今日、今、この瞬間から僕はただの人になった。

さよならジャニーズ。

さよならジャニーズジュニアだった日々。

全て無くしたのだ。

夢も。

彼女も。

ジャニーズも。

でも何故か不思議とさっぱりとした気持ちになった。

そして思った。

生きなくちゃ。

働かなくちゃ。

メソメソなんてしてはいられない。

無くしたものは大きかったけれど、僕の人生はまだこれからだ。

芸能界と言うきらびやかな世界で沢山の夢を追いかけた。

少年の頃、網を持ってトンボを追いかけたように。

時間だけが過ぎ去って、今、普通の人になったのだ。

もう2度とジャニーさんに「ユー」と言われる事も無いだろう。

ジャニーズジュニアの仲間達とも、もう逢うことは無いかも知れない。

俊ちゃんにもマッチにも少年隊にも逢うことも、ましてやバックで踊る事も無いだろう。

新しい自分の道を見つけてしっかりと歩いていかなければ!

別れた彼女の為にも、一生、何かに一生懸命な自分でいよう。

さようなら。

「夢」と

「彼女」と

「ジャニーズ」よ。

そしてありがとう。

「T・S」

そして

ジャニー喜多川さん。

第131話「ジャニーさんの予想外のひと言」へエピローグ執筆中💦

今日は何位?↓


ジャニーズランキング

■ この物語の始まり ■

あわせて読みたい
第1話 「始まりはフォーリーブス」 僕がはじめて、その存在を知ったのは小学生の低学年の頃だった。 毎週木曜日に『歌え! ヤンヤン!』と言う番組が放送され...

■ 彼女との出会い ■

あわせて読みたい
第12話「マッチと彼女とアルバイト」後編 髪型のせいか、買い物をしたお客さんに「マッチに似ているね! 」とよく言われた。 同じような髪型で同じような年頃なら、誰...

■ ジャニーズに入った時の話 ■

あわせて読みたい
第18話「初めてのオーディション」(後編) スーツを着た係員がオーディションについて話し始めた。 「オーディションは番号の若い順に10人ずつステージに...

コンサートで必需品!オリジナル応援うちわの作成はコチラで!






懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけx1
別名:@moonwalker_take。 53歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。