それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第24話「田原俊彦とジャPAニーズ」(後編)

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第24話「田原俊彦とジャPAニーズ」(後編)

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



スタジオの片隅で突っ立ったまま感動で動けなくなった。

ジャニーさんがスタジオの片隅にパイプ椅子を用意してくれた。

そこに座るように促され、僕はパイプ椅子に座った。

練習は続いている。

練習をしている5人以外は、先ほど電話したマネージャーらしい人が1人いるだけだ。

5人の息の揃ったダンスが目の前で繰り広げられている。

そのレッスンを見ている事が信じられなかった。

俊ちゃんがマイクを持っているそぶりをしながら目の前に来た。

1メートル手前で、マイケルジャクソンのまねをしている。

視線が合う。

背中がゾクゾクとした。

テレビの中で見て憧れていた本人が目の前で踊っているのだ。

しかも、見ているのは僕一人だけだ。

見つめたまま固まった。

時間が経つのを忘れ見入っていたが、急に音楽が途切れた。

「休憩にしたら! ご飯食べない? 弁当あるから! 」

ジャニーさんが声を掛けた。

張りつめた空気が急に和やかな雰囲気に包まれた。

ジャニーさんがこっちを向いて言った。

「ユー、あっちに給茶機があるからお茶を5つ持ってきて! 」

「は、はい! 」

僕は慌てて席を立った。

ジャニーさんが指差した方向に給茶機があった。

僕は紙コップにお茶を注ぎ、近くにあったお盆に5個の紙コップを載せて食事をしている5人のもとに運んだ。

真っ先に「俊ちゃん」の元へお茶を運んだ。

「失礼します。お茶です。」

当たり前の事を言って、恥ずかしさを覚えた。

しかし、お茶をこぼさないようにするのが精一杯だった。

お茶を配り終えるとジャニーさんが言った。

「ボビー! 彼、今度ジュニアに入ったから! 」

唐突な紹介に戸惑った。

「よろしくお願いします! 」

ボビーさんが、軽く会釈してくれた。

「来週の日曜日、1時からここでレッスンがあるから」

とジャニーさんが言った。

「まだ電車ある? 」

時計を見ると10時30分過ぎだった。

「大丈夫です!」

「じゃ、来週ね!」

「はい、失礼します!」

と言って挨拶をしてリハーサル室を出た。

テレビ朝日を出て日比谷線の改札口に向かいながら思った。

「彼女に何から話そうか? 」

「親に何て説明しようか? 」

今日1日で色んな事があった。

そして色んな芸能人に逢った。

一つだけはっきりしているのは、今日今、この日から僕はジャニーズジュニアになったと言う事だった。

第23話「田原俊彦とジャPAニーズ」(前編)へ第25話「ジャニーさんからの電話」へ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング







懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。