それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第22話「初めて見るレッスン」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第22話「初めて見るレッスン」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



僕は足早に歩く、ジャニーさんの後ろについて歩き始めた。

「ユーは何歳だたっけ? 」

「17歳です。」

「ユーはどこに住んでるの? 」

「神奈川県川崎市高津区です。」

矢継ぎ早な質問に答えながらTBSテレビの中へと進んで行く。

「川崎からだったらレッスンに通えるね?」

「はい! 大丈夫です! 通います!」と答えた。

ジャニーさんからの質問を聞き漏らさないよう必死だった。

ジャニーさんの歩く速度は早い。

玄関口の曲がりくねった階段や長い廊下に通路、今にも芸能人が出てきそうな場所を歩いた。

そんな場所を堂々と歩いている事が信じられない。

迷路のように入り組んだ通路を左右に歩きながら進んで行く。

もしも今、引き返せと言われても、絶対に迷子になるだろう。

そのくらい来た経路は複雑だった。

そしてようやく会議室のような所へ辿り着いた。

ジャニーさんが扉を開ける。

すると、テーブルと椅子を会議室の後ろへ押しやったスペースで、カラフルなレッスン着を着た15人位の少年がいた。

皆、華やかなオーラを放っていた。

カセットテープをかけながらダンスのレッスンをしている。

勢いよく開いたドアに全員が一勢に振り向いた。

「おはようございます! 」

とジャニーさんに大きな声で挨拶をした。

僕は10人以上いる少年を食い入るように見つめた。

見覚えがある。

一番前で踊っているのは、「ジャニーズ少年隊」と呼ばれている3人組だ。

特に「ニッキ」と呼ばれている彼は、男の僕から見ても、いかにもジャニーズと言う顔立ちをしている美少年だった。

後のメンバーはその時は解らなかった。

(が、後日、そこにいたのは東山紀之君、植草克秀君、そして後のメンバーはのちに光Genjiになる大沢樹生君、内海光司君、忍者になる柳沢超君、正木慎也君、等のジャニーズジュニアだった。)

「彼は今週からレッスンに出るから!」とジャニーさんが紹介をしてくれた。

皆、軽く会釈をしてくれたが、すぐにレッスンを再開した。

ジャニーさんが僕の方に振り向くと「毎週日曜日、TV朝日の第一リハーサル室でレッスンしているから、ユーも来なさい!」

と言った。

「はい!」

と答えると、

「あっ!」

と、時計を見て声を出した。

「今、俊がリハやってるんだっけ? ユーはまだ時間大丈夫? 」

と聞かれた。

「はい。大丈夫です!」

と答える。

「じゃあ、テレ朝行こう! 俊がコンサートのレッスンしているから!」

自分の耳を疑った。

「俊」って、あのスーパースター「田原俊彦」の事だろうか?

ジャニーさんが笑っていた。

第21話「夢の世界の入り口~ユーは何をやりたいの?~」へ第23話「田原俊彦とジャPAニーズ」(前編)へ

人気ブログランキングへ








ジャニーズランキング

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。