それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Entertainment

【安室奈美恵 NAMIE AMURO】LAST ENTERTENER

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)

安室奈美恵

もはや、知らない人はいない日本を代表する歌手であり唯一無二のエンターティナーである。
今更、私ごときが語ることもないのですが、私の目線で語らせていただきたいと思います。

「安室奈美恵」と検索すれば溢れるほどの情報がネット上に溢れています。

彼女の憧れは、「ジャネットジャクソン」でした。
因みに「ジャネットジャクソン」は「マイケルジャクソン」の妹です。
私の憧れは「マイケルジャクソン」だったので、気持ちがすっこくわかる気がします(笑)

私も、イチDANCERの端くれ、10代の頃はダンスや音楽に埋もれていました。
と、言うかジャニーズ事務所に所属していたので、当然毎週ダンスのレッスンをしておりました。

安室ちゃんが「アクターズスクール」に通っていたように、「アイドル」「ダンサー」「デビュー」と言う夢を抱いておりました。
まぁ、私は夢かなわずデビューはできませんでしたが、安室ちゃんはキッチリ、しっかりデビューしました。

デビュー後、すんなりとは、言いませんがそれなりの苦労の末、「SUPER MONKEY’S」⇒「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」へと改名し、スターダムへと上り詰めます。

で、よくSUPER MONKEY’Sとの確執とか世間では騒がれますが、当然のことでしょう。
「ジャニーズ」でも良くありますし、よく聞かれますが、人間3人集まれば派閥が生まれるし、何もかも受け入れられはしません。

「仲良しクラブ」じゃないんですから、当然揉め事や確執は生まれますよね。

その後、小室哲哉との出会いで彼女は一気に才能を開花させ、スターへの階段を昇りつめます。

そして、突然の「婚約」「結婚」「妊娠」「出産」と、一気に女性としての幸福を手にします。

が・・・

その後、「安室奈美恵実母殺害事件」「離婚」「親権争い」「シングルマザー」へと嵐のような出来事に見舞われます。

仕事上でも小室哲哉プロデュースを離れ、自分の音楽と向き合って苦悩しながらもFANへのメッセージソングを発表し、コラボや作詞、ソロでは自身による選曲、アイデアなどセルフプロデュースを開始、半年間に渡るライブツアーなどを開催しました。

その後は音楽業界としては異例の10代・20代・30代をまたいで史上初の3年代連続ミリオンセラーを達成し、女性ソロアーティストとして28年半ぶりに6週連続首位を獲得するなどの活躍を続けます。

2017年9月地元である沖縄県・宜野湾海浜公園野外特設会場にてデビュー25周年記念野外凱旋スペシャルライブ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』を開催、故郷に錦を飾ると、翌日2017年9月16日「突然の電撃引退発表」を自身の公式サイトで発表します。

2017年11月 オールタイム・ベストアルバム『Finally』をリリース。

発売初週で111.3万枚を売り上げえてミリオンを記録、オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。また、翌週でも143.5万枚も売り上げ、自身が持つ歴代アーティストで唯一10代、20代、30代でミリオンを達成していた”3年代の連続ミリオンセラー”の自己記録をこのアルバムで”40代”を加えて更新し、前代未聞となる4年代連続ミリオンセラーの快挙を成し遂げました。

2018年2月より、国内外最後となるラストツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』を開催。

6年振りとなる全国5大ドームツアーは女性ソロアーティスト史上最多となる17公演述べ75万人を動員する事となりました。

私と安室奈美恵

私も長らくダンサーとしての活動を続けていたので、たくさんの芸能人、歌手、タレントさんとお会いする事がありました。

そんな中でも「安室奈美恵」さんご本人と会ったのは1度っきり。

1999年(平成11年)12月31日にNHKホールで行われた、通算50回目の『NHK紅白歌合戦』でのことです。

私は「美川憲一」さんの「永遠にバラの時を」と言う曲でバックダンサーとして踊らせて頂きましたが、そのリハーサル時に、通路で「安室奈美恵」さんとすれ違いました。

リハーサルの模様をご覧になっていたのか、すれ違いざまに「お疲れさまでした!」と声をかけてくださいました。

NHKの紅白なのでたくさんの芸能人がいましたが、無粋な話ですが安室ちゃんは30メートル離れていても解るほどオーラがあり、とにかく「顔が小さい!」そして、可愛い。

色々な芸能人の方とすれ違いましたが、声を掛けて下さったのは安室ちゃんだけでした(笑)

その年の紅白では、「演出上、人数が足りない!」と言う事で、オープニングでひな壇に立ったり、お神輿を担いだり、最後には「北島三郎」さんの「祭り」で「煽る人として出演?」しましたので、出演したほとんどの方を生で、間近で見ましたが、安室ちゃんの存在感は抜けてました(笑)

私はショーダンサーとして、「ショーパブ」で夜な夜な踊っていましたが、六本木に存在した「RAGAZZA」と言うお店では「安室奈美恵メドレー」として、「Body Feels EXIT」「SWEET 19 BLUES」「TRY ME 〜私を信じて〜」などをコピーして踊っていました。

また、原曲だけ使用して、違う演出と振付で「ALARM」なども踊らせて頂きました。

それ以外にも芝居の演出をさせて頂いていた時には「NEVER END」や「Don’t wanna cry」などもお借りしていました。

安室奈美恵の楽曲にはその時代、その時代にやはり聞いていたり、踊っていたり、触れていましたが、2017年、9月仕事先を変えて再出発した私はたまたまですが、安室奈美恵さんのDVD「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 〜20th Anniversary Best〜」や「namie amuro LIVE STYLE 2014」「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」を立て続けに見る機会があり、そのパフォーマンスの高さ、演出、振付、歌声にすっかり魅了され、現役を引退していた私は、「安室ちゃんのLIVEに一度行ってみたい!」と思いました。

そう思った矢先、引退発表!

絶対に最後に「LIVE」をすると思いすぐに安室ちゃんのファンクラブ「FAN SPACE」に入会。

最後のツアーに申し込んだ結果・・・

と、見事に2回当選!行ってきました。


最高の感動、最後のパフォーマンス、世界一素敵な「ショータイム」、最高のライブでした。
安室奈美恵さん ありがとう。
人気ブログランキングへ

   

ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。