それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと プロローグ

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
プロローグ

あの頃のジャニーズ夢と彼女とジャニーズと

あの頃、僕は「ジャニーズ」だった。

これは今から30年も前の話である。

テレビをつければ、そこには必ずアイドルがいた。

画面いっぱいに輝いていたのは、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、シブがき隊と後の歴史にも残る80年代のスーパーアイドルたちだった!

ジャニーズ事務所のアイドルたちが、あらゆる番組を席巻し「ジャニーズ王国」が始まった頃の物語である。

そんなアイドルに憧れてはいたが、当時の僕はちょっと悪ぶってグレたり、仲間とディスコに行ったり、何よりも初めてできた彼女との恋愛を楽しんでいる普通の高校2年生だった。

そんなある日のこと、1通の手紙が届いた。

真っ黄色の封筒の差出人の欄には「株式会社ジャニーズ事務所」と印字されている。

中には「ヨッちゃんバンド、メンバー募集! 」と書かれたオーディションのお知らせが1通入っているだけだった。

この紙きれ一枚が、その後の僕の運命を大きく変える事になる。

何百人と言うオーディション志願者の中からたった一人だけ「ジャニーズジュニア」に選ばれたその理由とは?

業界のドン、ジャニー喜多川社長に言われた言葉の意味とは?

「ユーは何がしたいの?」

「ユーはレッスンに来れるの?」

「ユーはもうアイドルなんだから」

「ユーはここで見ていて!」

憧れていたアイドルに逢わせてくれたばかりか、自分がアイドルの道に?

「ジャニーズってどんな世界だろう?」

「ジャニーさんの悪戯って?」

「ジャニーさんの一言でテレビに出る事に?」

「ドラマで主役になるには? 」

「アイドルのバックダンサーってどうやってなれるの?」

「仲間や友達はいるの?」

知られざる「ジャニーズの世界」を淡々と自分の経験談として書き綴る「あの頃のジャニーズ/夢と彼女とジャニーズと」

毎日がチャンスの連続だった、人生で1番輝いた青春時代。

色々な経験を積みながら、アイドルを目指す僕と、大事に付き合ってきた彼女との行く末は?

「夢を取るのか? 彼女を取るのか?」

30年前に体験した「リアルグラフィティー」。

「あの頃のジャニーズ/夢と彼女とジャニーズと」

どうぞお読み下さい。

人気ブログランキングへ

第1話「始まりはフォーリーブス」へ



ジャニーズ館はこちら!株式会社JUSTY

ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。