それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第114話「last year 1984」

第114話「last year 1984」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

「1983」と言う数字が「1984」と言う数字に変わった。

「1年」が終わり「1年」が始まろうとしていた。

ブラウン管の向こうの世界からは「明けまして、おめでとうございます! 」と言う明るい声が頻繁に流れている。

「普通の女子大生」が「アイドル」になって深夜テレビに出ている。

特に見るつもりはない。

ただ、ぼんやりと眺めている。

去年は「18歳」になり「やっと大人の仲間入り」と言う感じがして何か始まりそうな気がしていた。

実際に免許証を取得したり、テレビドラマに出演したり、たくさんの経験をした。

「19歳」と言う響きは嫌いだった。

本当の「成人」を迎える一歩手前で子供ではなく、かと言って世間から認められる大人でも無い。

「20」と言う年齢になるまでに、何か答えを出さなくてはならない切羽詰まった感じがする。

気持ちは焦っているにも関わらず、年末は酷いものだった。

「レコード大賞、新人賞」を受賞したのは「野村義男」率いる「THE・Good-Bye」だった。

「バンド」なのだから「後ろで踊る」必要は無い。

「俊ちゃん」はピン(1人)」で歌って踊り、「マッチ」はバラード調の曲や「聞かせる」曲に移行している。

「シブがき隊」は2年目を迎えて「バック」で「ジャニーズジュニア」無しで歌っている。

「歌謡賞関係の番組」には一切出演する事なく、スケジュールなど無いまま歳を越した。

1年前は「シブがき隊」の「歌謡大賞」のバックで踊り「近藤真彦 in 武道館」では何曲も振り付けを覚えバックで踊り、大晦日の「レコード大賞」にも「シブがき隊」のバックで踊り、「クリスマス」から「大晦日」まで忙しい日々を過ごしたのが嘘のようだ。

テレビの中の「THE・Good-Bye」を見ながらふと思った。

「もしも、あのオーディションの時にギターを弾いていたらメンバーの中に入っていたのだろうか・・・? 」

答えは「NO」であろう。

「THE・Good-Bye」のメンバー程、楽器を上手く演奏する事は出来ない。

それに「ミュージシャン」向きの人間でも無い。

だとすればオーディションで歌を歌って「ジャニーズジュニア」になれた事は結果的に良かった事なのだろうか?

数々のチャンスがあったと思うがそれを逃したのだろうか?

その答えはまだ出ていない。

正月を迎え10日もすれば、すぐに誕生日を迎え「19歳」になる。

「ジャニーズジュニア」の中でも最年長の「19歳のジュニア」となる。

「18」と「19」。

たった1歳の違いだが、僕には重さが違う。

学校の同級生や、地元の幼なじみは、専門学校に通い先々の就職先を決めていたり、既に働いていたりと、それぞれの道に進んでいる。

それに比べて僕は「ジャニーズジュニア」をしている。

「夢はあるが収入は無い」状態である。

親にも「そろそろ先々の事を考えなさい。」と言われ始めた。

「明治生まれ」の婆ちゃんに至っては「男がいつまでも腰降って踊ってないで、ちゃんと働け!」と山形弁で言われる始末だった。

精神的に追い込まれる中で、唯一の心の拠り所は「彼女の存在」だった。

「頑張っていれば、いつかは結果が出るよ」

そんな言葉に揺らぐ心は何度も救われた。

「ジャニーズ」の中で同じ年は「マッチ」に「ヨッちゃん」である。

既に芸能人としての地位を築き上げて、遥か頭上にいる「大スター」だ。

1学年下が「シブがき隊」の3人と「少年隊」の「ニッキ」である。

もっとも、僕がジャニーズに入る前からいたので先輩と言う事になる。

「大沢樹生」君や「内海光司」君、「宇治正高」君も学年は3~4年下ではあるが先輩と言う事になる。

「三好圭一」君は2学年下でほぼ同期か少し僕が早いかである。

テレビドラマ『家族ゲーム』でブレイクして以来、ドラマに出続けている。

年下の仲間にどんどん先を越されていく。

歯がゆい気持ちと挫折感が交差する。

かと言って自分ではどうすることも出来ない。

思いはただ一つ。

「ジャニーズでデビューする事。」

今年は絶対にチャンスを物にしてのし上がってやる!

と気合いだけは入っていた。

もしも今年の年末に、まだ仕事が「あるのか無いのか解らない状態」だったら、いや「ジャニーズジュニア」のままだったら、その時には覚悟を決めよう。

「20歳のジャニーズジュニアはあり得ない。」

僕にとっての「last year」にしよう。

今年が最後のチャンスだと言い聞かせた。

正月休みが終わる頃、やっとジャニーさんから電話がかかってきた。

「少年隊がビデオデビュー」をするから、それに向けてリハーサルに入る事と「NHK」の『レッツゴーヤング』でもバックで踊る事になりスケジュールを知らされた。

後れ馳せながらやっと僕の「1984」年が始まった。

第113話「彼女と映画と蒲田行進曲」第115話「少年隊ビデオ・急げ若者の撮影」へ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング

■ この物語の始まり ■

あわせて読みたい
第1話 「始まりはフォーリーブス」 僕がはじめて、その存在を知ったのは小学生の低学年の頃だった。 毎週木曜日に『歌え! ヤンヤン!』と言う番組が放送され...

■ 彼女との出会い ■

あわせて読みたい
第12話「マッチと彼女とアルバイト」後編 髪型のせいか、買い物をしたお客さんに「マッチに似ているね! 」とよく言われた。 同じような髪型で同じような年頃なら、誰...

■ ジャニーズに入った時の話 ■

あわせて読みたい
第18話「初めてのオーディション」(後編) スーツを着た係員がオーディションについて話し始めた。 「オーディションは番号の若い順に10人ずつステージに...

コンサートで必需品!オリジナル応援うちわの作成はコチラで!






懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけx1
別名:@moonwalker_take。元、ジャニーズ50代、2児の父親離婚バツイチ現在独身。10代の頃はジャニーズに所属、退所後はミュージカルダンサー、お笑いタレント、ショーダンサーなどをし生きてきました。40代半ばで離婚。失業、夢のような人生も夢にも見ない人生も両方を垣間見ました。50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。