それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第130話「last call~別離(わかれ)」

第130話「last call~別離(わかれ)」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

その日、彼女から電話がかかってきた。

ディズニーランドへ行って以来、1週間ぶりの彼女からの電話だった。

その間にピンクレディーの復活コンサートなどがあり、電話をしないでいた。

今まで3日以上間隔が開いたことは無い。

「もしもし! 久しぶりだね!」

と言って出た。

「・・うん。」

しばらくの間息遣いだけが聞こえた。

「どうしたの?」

と聞く。

それでも彼女は何かを躊躇(ためら)っているかの如く、口をつぐんだままだ。

そして息遣いのリズムが途絶えたその瞬間、蚊がなく程の小さな声で言った。

「わかれよう。」

「えっ?」

耳を疑った。

しかし今度は大きな声ではっきりと言った。

「もう、別れよう。」

余りにも予期しなかった言葉に狼狽(うろた)えた。

「もう、別れた方がいいと思うの・・お互いのために」

と彼女が言葉を続ける。

「お互いのため?」

真意が見えない。

「うん。今のままだとお互いが駄目になっゃうと思うの」

今度は僕が黙った。

予期しなかったと言うよりは、1週間電話が無かった時点で予期していたかも知れない。

「別れたくない」

言葉が自然に出た。

「このまま、中途半端なまま付き合っていてもお互いの為に良くないよ!」

「嫌いになった?」

と聞いてみる。

「ううん好きだよ! だから別れよう。」

意味が解らない。

「今からそっちに行くから会って話そう!」

「駄目! 来ないで! 逢ったら決心が揺らぐから! また別れられなくなるから!」

「このまま、この電話1本で別れるつもり?」

「決心するのにどれだけ勇気がいったか解る? この1週間ずっと考えて出した答えなの」

言葉が出てこない。

「これが、最後の電話?」

「うん、もう電話もしない。」

「4年付き合って、この電話1本で終わり?」

「4年、長いようで短かったね」

彼女の決意を改めて感じた。

「いつも頑張っているあなたが好きだった。一生懸命頑張っているあなただから好きでいられた。だから・・」

「だから?」

「これからも好きなことを頑張って、一生懸命なあなたでいて下さい。」

「あきら」と呼んでいた彼女が初めて面と向かって「あなた」と言った。

この言葉が心にズシーンと響いた。

彼女の中では、もう既に決別していると言う事だろう。

そのことを感じた瞬間、僕の中でも何かが弾けた。

うろたえるな。

しっかりと受け止めろ。

取り乱すな。

そんな心の呟きが聞こえた。

彼女の中では僕はもう過去の人間になったと感じた。

だったら、最後まで未練がましくしてはいけないと思った。

彼女がはっきりとした声で言った。

「4年間ありがとう」

彼女の覚悟が伝わった。

決心がついた。

「わかった。」

もう、どんなに言葉を伝えても、どんなに心を伝えても彼女の決意は変わらないのだと知った。

格好悪い事はしたくない。

女々しく或いは強引に抵抗した所で、彼女の気持ちを変える事は出来ないだろう。

一瞬、初めて話しをした時の顔を思い出した。

高校2年の夏休み、社員通用口で見たドキッとしたあの笑顔。

初めて一緒に通学した時の事を思い出した。

二子玉川駅のホームで佇んでいた制服姿の彼女。

初めて口づけをした時の事を思い出した。

横浜山下公園のベンチ。

こらえていた熱いものが頬を伝った。

もうあれこれ言うまい。

言わなきゃいけない言葉はたった1つしかない!

言いたくは無いが、言わざるを得ない!

「今までありがとう。   さようなら。」

その瞬間、受話器の向こうからすすり泣く声が聞こえた。

そしてまた、小さな声が聞こえた。

「さよなら」

それは長かったのか、一瞬だったのか解らないがお互いに受話器を置くのを躊躇(ためら)った。

その瞬間だけが、お互いに本気で愛し合った証だと思った。

僕は受話器を置いた。

涙が零れた。

その時にふと、付き合い始めたばかりの頃の会話を思い出した。

「先に電話切って!」

「そっちが先に切れよ!」

「じゃあ、いっせーのせで切ろうか?」

「うん、そうしよう!」

「いっせーの、せ!」

二人の恋に終止符が打たれた。

2階の自分の部屋に向かった。

机の上には彼女の名前が大きく彫ってある。

引き出しの中には彼女からの手紙が100枚以上ある。

初めて貰った手紙はA4サイズのノートを切って折り畳んだものだ。

「あー君、大好き!」

「いつも待っててくれてありがとう!」

「ずっと、ずっと好きだからね!」

そう書かれた手紙を1枚ずつ開いてはビリビリと破りゴミ箱へ入れる。

彼女と出会ったお陰で、高校に行くのが楽しくなった。

彼女がいたから自分に自信が持てた。

初めての経験、初めての人、何もかも彼女が始まりだった。

電話をすれば必ず応えてくれた。

「もう二度と電話をする事はないんだ」

そう呟いた。

心の中で何かがポキッと折れた。

もっと優しくしてあげれば良かった。

もっと何処かへ連れて行ってあげれば良かった。

もっともっと、たくさん愛してあげれば良かった。

その日、僕は1番大切なものを無くした。

第129話「ピンクレディ復活コンサート」第131話「ジャニーさんの予想外のひと言」へ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング

■ この物語の始まり ■

あわせて読みたい
第1話 「始まりはフォーリーブス」 僕がはじめて、その存在を知ったのは小学生の低学年の頃だった。 毎週木曜日に『歌え! ヤンヤン!』と言う番組が放送され...

■ 彼女との出会い ■

あわせて読みたい
第12話「マッチと彼女とアルバイト」後編 髪型のせいか、買い物をしたお客さんに「マッチに似ているね! 」とよく言われた。 同じような髪型で同じような年頃なら、誰...

■ ジャニーズに入った時の話 ■

あわせて読みたい
第18話「初めてのオーディション」(後編) スーツを着た係員がオーディションについて話し始めた。 「オーディションは番号の若い順に10人ずつステージに...

コンサートで必需品!オリジナル応援うちわの作成はコチラで!






懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけx1
別名:@moonwalker_take。元、ジャニーズ50代、2児の父親離婚バツイチ現在独身。10代の頃はジャニーズに所属、退所後はミュージカルダンサー、お笑いタレント、ショーダンサーなどをし生きてきました。40代半ばで離婚。失業、夢のような人生も夢にも見ない人生も両方を垣間見ました。50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。