それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第56話「100%…SOかもね!」振付

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第56話「100%…SOかもね!」振付

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



日曜日。

いつも通り六本木にあるテレビ朝日の稽古場にに向かった。

テレビ朝日前の入り口付近には、派手な格好をした若いファンの娘が20人以上はいた。

僕は臆せず、そのまま進んだ。

「おはようございます!」

と、声を掛けてくる二人の女の子が目の前に飛び出してきた。

なおみとななみである。

毎週日曜日のレッスンの時には必ず来てくれている僕のファンだ。

ファンの娘がいると嬉しく心強いものだ。

挨拶をして会話をする。

しかしあまり長くは話さない。

時間が無いのと、いつまでも女の子と話している訳にはいかない世界だからである。

すぐに稽古場の階段を上がって行く。

扉を開けると今日はジュニアが20人程度だった。

「おはようございます!」

と挨拶をして、奥にある脱衣所へ向かい稽古着に着替える。

すぐに、フロアーに戻ってストレッチを始めた。

最初の頃に比べると随分と身体が柔らかくなった。

左右に足を開脚すれば、胸が床につくようになったのだ。

自分の身体が変化していくのが面白い。

他のジュニア達の半分は、学校の放課後のようにくっちゃべっている。

まだ、自分たちが篩にかけられていると言う自覚が無い奴らだ。

熱心に汗を流す程ストレッチをしている奴がいる。

「鈴木君」だ。

ジュニアの古株で、ジュニア達の中でも一目置かれている。

1時間際になると続々と他のジュニアが到着してきた。

そして、ボビーさんが到着し、ジャニーさんに連れられ少年隊ジュニアの4人も到着した。

その頃には緊張感が漂う稽古場になっている。

しかし、今日はいつものレッスンの時とは少し様子が違う。

ほぼ全員が揃い、着替え終わった所でジャニーさんが話しを始めた。

「ユーたち、今度武道館で日本歌謡大賞があって皆踊って貰うから! 都合悪い人いる?」

誰も何も言わない。

ボビーさんが捕捉する。

「シブがき隊の『100%…SOかもね』をジュニアだけで踊る事になったから」

と伝え、更に選抜メンバーでスクールメイツと一緒にマッチ(近藤真彦)の『ホレたぜ! 乾杯 』を踊る事を伝えた。

ジュニア達の中に緊張が走る。

伝え終わると早速振り付けが始まる。

緊張感が漂う中ボビーさんが、カセットデッキの再生ボタンを押した。

流れて来たのは聞きなれたイントロとシブがき隊の歌声だった。

ジュニア達が沈黙して聞いている。

が、しかし、失笑が漏れる。

ジャニーさんも笑っている。

30人近い人間が真剣に聞いている状況で、歌詞が余りにも場違いな感じがしたからだ。

1番の歌詞を歌い終わるとエンディングになって終わる編集になっていた。

ボビーさんが口を開いた。

「短いんだけど最後にバック転が入るから一例目はバック転が出来る人になります!」

とボビーさんが説明をする。

必然的に、少年隊ジュニアと、前田君、鈴木君、他数人が1列目だろう。

ちなみに僕はバック転は出来ない。

中学生時代に右肩を脱臼して癖がついてしまい、ブリッジから手をつくと肩が外れてしまうのだ。

何度か練習したが、すぐに肩が外れてしまいその都度自分で入れた。

肩が外れた後は3日間は手が上に上がらない。

かなり後からバック宙は出来るようになったがこの頃はまだ出来なかった。

振付開始前のポジション決めが始まった。

ボビーさんが考えながらジュニアの手を引っ張り位置決めをしていく。

やはり1例目は少年隊ジュニアの宇治君、大沢君、中村君、内海君と数人のジュニアだった。

僕は定位置の2列目の右側でテレビで見ると画面の左側で踊る事になった。

シブがき隊は歌っている間は、激しく踊らないがバックには色々な振り付けがある。

しかし基本はシブがき隊の動きに合わせている。

ボビーさんが考えた、右、左、右、左、とその場で走るように動く振りを覚えて行くのだが、この振りはあまり好きでは無い。

シブがき隊と同じ振り付けだが、踊っていてもノレないからだ。

曲の途中にポーズやステップが微妙に違い、複雑になっているのがせめてもの救いだった。

時折ボビーさんが考えこみ動かなくなる事がある。

そんな時にその場所でつけられた振り付けの復習をする。

そうしている間にボビーさんは次の動きや、フォーメーションやポーズを考えているのだ。

集中力を切らしたら途端に振りを忘れたり、覚えられなくなる。

簡単な振り付け程、度忘れをしやすいから要注意なのだ。

後ろの方で踊っているジュニアに限ってそんな時に喋ったり、ボッーとしている。

すると突然「じゃあ次は!」とボビーさんが先に進めるので、復習をすぐにしておかないと後から覚える時間など無いのである。

振り付けを間違えたり覚えて無かったりするとボビーさんが直接教えている。

その様子を稽古場の奥の方でジャニーさんはずっと目を光らせて見ていた。

沈黙して見ている時のジャニーさんは怖い。

今後使えるヤツと使えないヤツを選別している気がするからだ。

3時間程で全ての振り付けは仕上がった。

最後に曲をかけて揃って踊れていれば終了となる。

ボビーさんがカセットの再生ボタンを押した。

曲が流れる。

ジャニーさんは奥の方から正面に来てボビーさんの横で腕を組んで見ている。

皆が真剣に「100%…SOかもね」を踊り終わる。

「振り付けを忘れないように練習をしておいて!」

と言ってその日のレッスンは終了した。

選抜メンバーは後日連絡するとの事であった。

その日、帰宅する途中でシブがき隊のレコードを買った。

帰宅すると直ぐにカセットにワンコーラスで終わるようにダビングをする。

自宅の居間を締め切ってガラス窓を鏡がわりにして、即席のスタジオを作って何度も何度も練習をした。

正直、楽しい。

時間が経つのを忘れて締め切った室内で汗だくになって踊った。

完全に間違えず納得出来るまで踊り続けた。

頭も身体も100%と思った時には夜中の2時を過ぎていた。

第55話「ジュニアの彼女の予感」へ第57話「ジャニーズジュニアとスクールメイツ」へ

◇「100%…SOかもね!」をご存じない方はコチラの歌詞をご覧ください↓

◇ 「100%…SOかもね!」の歌詞
◇ YouTube動画 「100%…SOかもね!」はコチラ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング







懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。