それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第15話「運命を変えた1通の手紙」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第15話「運命を変えた1通の手紙」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

その日、学校から帰ると僕は2階にある自分の部屋で服を着替えていた。

彼女は学校で用事があるため今日は会えない。

夜に電話をするまで久しぶりにギターでも弾こうかと思っていた。

着替え終わって「何か飲もう! 」と、2階から階段を降りている時だった。

玄関の郵便受けに「カッコン」と郵便物が投函され、原付きバイクの走り去る音がした。

「郵便配達か?」

独り言を言って郵便受けを覗くと2~3枚の郵便物があった。

普段はほったらかしにするのだが、目の前で投函されれば気になる。

取り敢えず郵便物を手に取った。

1枚目、2枚目共に親父宛ての郵便物だった。

そして3枚目の1通は「真っ黄色の派手な封筒」だった。

「何かの広告かな?」

そう思いながら宛名を見ると僕の名前が書いてあった。

「んっ? 何だろう? 」

手紙の裏面にある差出人を見た。

「株式会社ジャニーズ事務所」

と記載されていた。

「はっ? 」

他の郵便物を玄関の棚に放り投げて、急いで2階の自分の部屋に戻った。

ハサミを使って丁寧に開封をする。

中には三つ折りにされた「1枚の手紙」が入っていた。

それを取りだして見る。

印刷されたプリントだった。

タイトルにはこう書かれていた。

「ヨッちゃんバンド、メンバー募集!」

そして「ヨッちゃんこと、野村義男がバンドのメンバーを大募集しています。つきましてはオーディションを行います!」

とあり、その下に場所は赤坂TBSホール、そして時間などが記されていた。

「オーディション?」

もちろん、生まれてからオーディションなど受けた事はない。

一体なんで送られて来たのだろうか?

この時はまるで見当がつかなかった。

高校1年生の時に友達と履歴書を送った事などすっかり忘れていた。

書面には「得意な楽器の腕を思う存分、披露して下さい」とあった。

とりあえずギターは弾けるが、ストロークが出来る程度である。

自分で弾き語りをするなら良いが、バックバンドが出来る程の演奏の技術は持ち合わせていない。

アルバイトをして購入した「モーリス」のフォークギターと「グレコのジェフベックモデル」と言うエレキギターを持っているだけだ。

もっぱら作詞作曲して歌っている程度である。

受けるべきか迷った。

それが全ての始まりだった。

第14話「恋と彼女とジャPAニーズ」へ第16話「決断」へ

人気ブログランキングへ


ジャニーズランキング

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。