それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第16話「決断」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第16話「 決断 」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 

夜になり彼女に電話をしてみる。

2回電話を鳴らしてすぐに切る。

再び同じダイアルをかけ直す。

これが、僕からの電話の合図だった。

昔ながらの黒電話で「リダイアル」なんて機能は持ち合わせていない。

2回鳴らして切ると次のコールの2回目には彼女が出る。

「もしもし! 」

案の定、彼女が出た。

いつものように明るく、弾むような、それでいてちょっとハスキーな声だ。

「あのさぁ、ちょっと話しがあって・・」

「何? 人生相談? 」

「うーん、みたいなものかな?」

「どうしたの? 」

「今日さぁ、ジャニーズ事務所から郵便物が届いて、中を見たらオーディションのお知らせって言う紙が入っていたんだ。」

「・・それで? 」

「ヨッちゃんバンドのメンバー募集らしいんだけど、受けようか、どうしようか迷っている。」

実際にこの時はまだ行くかどうか決めかねていた。

「あなたは、どうしたいの? 」

と聞いてきた。

「駄目もとで、受けてみようかなと思ってる。」

「じゃあ、答えは出てるじゃん。」

と言って笑い声になった。

「そうだよね!」

「受かろうと受かるまいと、やるだけやれば、後悔しないでしょ。」

と、優しい声が受話器の向こう側から聞こえた。

彼女の言う通りだった。

「もしも受かって、ジャニーズに入ってデビューする事になったらどうする? 」

と尋ねてみる。

「そん時はそん時よ! そんな事で私を振ったり、別れたりしないでしょう? 」

「もちろん! 」

「なんか言わされている感じ満載なんだけど・・・無理して言ってない? 」

と言いながら笑った。

「とにかく頑張ってみるよ! ありがとう!! 」

そう言って電話を切った。

あれこれ考えても始まらない。

例え受かろうが落ちようが、やらなければ始まらない。

オーディションに行く事に決めた。

これが全ての始まりである。

子供の頃にテレビで見て憧れたフォーリーブスの『歌え! ヤンヤン!! 』を思い出す。

フォーリーブス、郷ひろみ、JJS、ジャニーズジュニア、が所属していたジャニーズ事務所のオーディション。

最近では田原俊彦、近藤真彦、野村義男、シブがき隊と男性アイドルの登竜門である。

たった「1通の手紙」から僕の人生は大きく変わって行くのだった。

第15話「運命を変えた1通の手紙」へ第17話「初めてのオーディション」(前編)へ

人気ブログランキングへ


ジャニーズランキング

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。