それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第20話「オーディション」(熱唱)

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第20 話「 オーデション 」(熱唱)

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



自分の順番が来たので、客席の間の通路を降りてステージにかけられた階段を登った。

初めて、ステージの上に立った。

証明が眩しい。

目の前に審査員用のテーブルが並べられ、その中にジャニーさんとよっちゃんがいた。

10人がステージ上に並び、一人を残して袖に歩いて行く。

僕は用意されたパイプ椅子に腰をかけた。

心臓はバクバクと異常な早さで脈うっている。

「どうしよう!」

喉は渇き、心臓が口から飛び出るのではないかと思う程に緊張している。

この場に及んでまだ「何をするか」を決めてはいないのだ。

考えても何も思いつかない。

前の人が呼ばれた。

もう時間がない。

「歌をうたおう!」

と、心の奥の自分が言った。

「えっ、でも何を?」

と自問自答した。

そう思っている間に僕の番が来てしまう。

「次の方どうぞ!」

順番が来た。

「やるしかない!」

僕は意を決して歩き始めた。

センターマイクの前に立ち、番号と名前を言う。

ギターを持つわけでも無く、他の楽器に向かうわけでもない様子に「あなたは何をやりますか? 」と尋ねられた。

地明かりの照明に照らし出された「そこ」は、明らかに人生の分岐点だった。

心臓の鼓動は最高潮に高鳴っている。

咄嗟に言葉が出た。

「歌を歌います!」

会場はしらけた空気が漂った。

おおよそ、見当違いの発言をしたように会場内を沈黙が支配した。

「何を歌いますか?」

スタッフが聞いてきた。

「イルカさんのなごり雪を」

「キーは?」

今度は後ろから声が聞こえた。

キーボードの人だった。

「Fでお願いします!」

唯一、家でギターを弾いていた時にコード進行を完璧に覚えていた曲である。

キーが高い僕は、歌える曲目が少く『なごり雪』を何度も歌っていたので歌詞も完璧に覚えていた。

聞き覚えのあるイントロが流れてくる。

ステージの上でスポットライトを浴びながらスタンドマイクの前に立つ。

高鳴っていた心臓が不思議と落ち着いてきた。

両手でスタンドマイクを握り一瞬、目を閉じて深呼吸をする。

そして呟くように『なごり雪』を歌い始めた。

歌いだすと心臓の高鳴りがさらに穏やかになった。

「気持ちいい!」そう思った。

光の中でマイクに向かって自分の中にあるエネルギーを歌に変えて叫んだ。

すると、ふと彼女の顔が浮かび鳥肌が立った。

彼女の顔を思い浮かべながら目の前に広がる、真っ暗な客席に向かって思い切り叫んだ。

この歌詞が彼女に届くようにと思いながら歌った。

第19話「オーディション~ジャニーさんの質問~」へ第21話「夢の世界の入り口~ユーは何をやりたいの?~」へ

人気ブログランキングへ




応援うちわ専門店 ファンクリ【Web decoうちわ】

スマホやPCで簡単に作れるスマホケース




ジャニーズグッズ買取サービス【アーティストパーク】


ジャニーズランキング

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 55 歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。