それでも夢はあきらめない
来た道行く道これからの道
Johnny's

第85話「桜中学大音楽会」

◇まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
簡単にお店のホームページを更新「グーペ」
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)
第85話「桜中学大音楽会」

あの頃のジャニーズ 夢と彼女とジャニーズと 



丸坊主になって登校したら職員室に呼び出された上に事情聴取された。

「ドラマに出演するために頭を丸めた!」

と正直に言ったが

「皆が大学進学か、専門学校へ行くか、就職するかと進路が決まっている中で、君だけがまだ具体的に決まってないよね!」

と卒業後の進路や就職先についてまでネチネチと言われ腹が立った。

もう、後には引けない道を歩きだしたのだ。

学校には芸能界に行くとは言えないが、僕の気持ちは固まっていた。

そんな事を思いながら教室に戻ろうとすると、心配して一人の親友が廊下で待っていた。

「明、どうしたんだよ! 何かあったのか?」

と聞いてきた。

親友のあだ名は「ヤップ」。

ガッチリとした体格で、運動神経も頭も良い。

僕が付き合っている彼女の中学生時代の同級生だった。

彼女と付き合ってから、仲良くなった。

ジャニーズに入った後も前と変わらずに接してくれていた。

口の固い彼には本当の事を話した。

「来月から金曜日の夜8時から始まるテレビドラマの新番組に出る事になったんだ」

一瞬にして心配顔が満面の笑みに変わった。

「すげぇじゃん! おめでとう!」

と言って握手をしてきた。

大袈裟なリアクションに逆にこっちが照れ臭くなった。

「サンキュー! だけど色々言われるのが嫌だから、学校では黙っててくれないか?」

「解った! 言わないよ! 明、頑張れよ!」

その一言だけで救われた。

僕はその後、殆ど学校を休んだ。

卒業できる事も、進路も決まっているのだから無理して行く必要もない。

彼女ができた事。

ジャニーズに入った事。

そして少ない友達だけが高校時代の思い出だった。

悲観する事は無い。

新たな夢がもう始まっている。

高校生活の終了と同時に芸能界に役者としてデビューする。

ドラマで人気が出れば歌って踊れる歌手としてのデビューもあり得る。

「同期のイーグルスに並びたい!」

「まだデビューしていない少年隊に追いつきたい!」

それが僕の夢だ。

時を同じくして撮影のスケジュールもバタバタと入り始めた。

ドラマが始まる前に、オサラバ坂を宣伝するための番組出演が決まったのだ。

『桜中学大音楽会~金八、新八、仙八、貫八と138人の卒業生たち』

と言う番組である。

『3年B組 貫八先生』の終了と共にそれまで続いた「桜中学B組先生シリーズ」がすべて終了する。

B組シリーズの先生や生徒、そしてデビューしている卒業生が揃うのだ。

僕はその日、収録先の緑山スタジオに向かった。

スタジオに入ると控室が用意されていた。

控室にはオサラバ坂に陽が昇るに出演する若葉寮の寮生役のメンバーが揃って居た。

まだ、それ程打ち解けてはいないが、同じ番組に出演する仲間意識みたいなものは生まれ始めていた。

モニターを見ていると、「桜中学大音楽会」の収録が始まった。

桜中学B組の担任を勤めた、金八先生、新八先生、仙八先生、貫八先生の四人の先生が揃い、体育館で謝恩会と言う感じで、各クラスごとに出演者がテーブルを囲んで談笑しながら座っている。

セットで組まれたスタジオだと言う事をを忘れてしまいそうな楽しそうな空気が伝わってきた。

収録が始まると前にある舞台上でそれまでにデビューをした生徒や先生達が歌を披露して行くのだ。

『3年B組 金八先生』(第2シリーズ)の、直江喜一さん、ひかる一平さん、川上麻衣子さん、伊藤つかさちゃん、沖田浩之さんが歌を歌い金八先生である武田鉄矢さんが『人として』と言う曲を歌った。

続いて『2年B組 仙八先生』の本田恭章さん、三田寛子さん、宮崎美子さん(先生)川口雅代さん、シブがき隊、そして仙八先生のさとう宗幸さんが歌い、次の『1年B組 新八先生』では、オサラバ坂で、共演する斎藤康彦君と新八先生の岸田智史さんが歌った。

さらに『3年B組 完八先生』では遠藤京子さんと貫八先生の川谷拓三さんが歌を歌う。

その模様を僕は楽屋のモニターで見ていた。

この日はオサラバ坂の若葉寮生9人と共に舞台に上がることになっている。

上下紺色の作業着を着て挨拶をするのだ。

衣装とは言え全員同じ格好をするとやはり雰囲気が出るものだ。

それにしてもこの番組の出演者の凄さ、番組の力の凄さに改めて驚愕する。

出演する前は無名だった若者で、いち出演者に過ぎなかった生徒達が約1年、番組に出演すると歌手としてデビューをする程の抜群の知名度を手にするのだ。

勿論、デビュー出来るのは極一部の人間だけであるが、この放送枠に出演して目の前に成功を手にした出演者達を見れば「自分も絶対この中に入る!」と言う気持ちになり気持ちが高揚してくる。

さらに『3年B組 金八先生』(第1シリーズ)の生徒であった三原順子さん、つちやかおりさん、そしてジャニーズでは先輩の近藤真彦さん、野村義男さん、田原俊彦さんが歌を歌って行く頃には佳境を迎え大変な盛り上がりを見せていた。

ジャニーズの大先輩であるたのきんトリオがこの番組をきっかけにスターダムにのしあがり不動の地位を築き上げた。

モニターで見ていても、この『3年B組 金八先生』(第1シリーズ)の出演者は別格なのが解る。

この番組を離れて既に芸能人として大活躍をしている卒業生たちが多かった。

第84話「坊主頭にした反響」へ第86話「桜中学大音楽会の舞台上にて」へ

今日は何位?↓


ジャニーズランキング

TBSテレビドラマ「オサラバ坂に陽が昇る」主題歌

    

TBSテレビドラマ「オサラバ坂に陽が昇る」挿入歌

     

懐かしい「田原俊彦」さんの歌声は↓コチラから

   

懐かしい「近藤真彦」さんの歌声は↓コチラから

    

懐かしい野村義男&ザ・グッバイの歌声はこちらから

     

懐かしい少年隊の歌声はコチラから

    

懐かしい「光Genji」の歌声は↓コチラから

     

懐かしい「忍者(少年忍者)」の歌声は↓コチラから

    

懐かしいシブがき隊の歌声はこちらから

     

懐かしい男闘呼組の歌声はコチラから

     





ABOUT ME
たけJI
たけJI 別名:@moonwalker_take。 54歳、2児の父親離婚バツイチ現在独身。 50を過ぎて、未来の自分のために、今までお世話になった方々のために、ブログを通じて夢見る人生を生きていく事を発信していきたいと思います。